本の感想・リンク




book1.JPG

book2.JPG

book3.JPG

・『フィボナッチブレイクアウト売買法』
・『フィボナッチトレーディング』

押し目買い・戻り売りの「3」を捉える。
後者には時間予測の考え方が書いてありますが、価格ほど使っていません。


・『デマークのチャート分析テクニック』

始めた頃に図書館の端末で「オシレーター」と入れたら出てきたので読んだ本。
TDシーケンシャルは日足・週足で見ています。
オシレーターの異常期間の継続の分析(TD Duration Analysis)は「3」と「5」の見分けに使っています。


・『ギャンの相場理論』
・『実践 ギャン・トレーディング』
・『ギャン 神秘のスイングトレード 摂理に基づいた短期売買のタイミング』

ギャン理論はアニバーサリーデイトくらいしか使えていませんが、最初の2つがいい本だと思います。
ロバート・クラウスはギャンのスイングチャート(ハイアーチェク本にある)の考えを応用した「Hi Lo Activator」について。


・『トレーダーの心理学』

アリ・キエフ2冊、スティーンバーガー2冊、マーク・ダグラス2冊、バン・K・タープ3冊を読みましたが、これが一番好きです。


・『マーケットのテクニカル分析』(17年11月)
・『伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」』(絶版)
・『ゾーン 最終章』(17年8月)

この3冊はいずれ買おうかと思っています。



パラダイム

クーンの「パラダイム論」は、ポパーらが非難したように「なんでもあり(anything goes)」ではないし、進歩の否定や単なる現状是認でもない。誤解を恐れず言えば、科学者集団(科学者共同体)という「歴史性」をそなえた実定性と、やはり歴史的であるが故の可変可能性という、二つの側面の結節において科学をとらえているのであり、ポパーやウイーン学団のような科学「哲学」や、「反権威」の仮託ゆえに概念的な過剰負担を強要するプログラムとは、一線が画されている。


リサーチプログラム

連続的な発展によって一方が「前進的」で他方が「退行的」だと示せるのに反してある特定の時点では二つの理論もしくはリサーチプログラムのどちらがより優れているか示せないことがしばしばあるという考えは科学哲学及び科学史に対する大きな業績である。


ホーリズム

クワインが述べたことは、検証や反証の対象というのは個々の命題ではなく「科学全体」である、とし、反証事例があっても信念体系全体の再調整を通じてどのような反証事例も却下できてしまう、ということなどである。



・Visual Guide to Elliott Wave Trading
http://onlinelibrary.wiley.com/book/10.1002/9781118479506

・ELLIOTT WAVE PRINCIPLE
https://www.ew-forecast.com/theory/

・Elliott Wave Predictions
http://elliottwavepredictions.com/wave-notes/



・エリオット波動売買戦略 - http://ehadou.blogspot.jp/

エリオット波動の一時的な行き過ぎ」 から

現在の為替相場は、レバレッジや、EAの普及からくる他通貨間の連動などの影響からエリオット波動の一時的な行き過ぎが起こり易い環境になってきています。

このような状況においては、エリオット波動のルールを絶対的なものと考えるのではなく、ある程度柔軟に対応していくことが求められているのではないでしょうか。


・Elliott Wave Forecast - https://elliottwave-forecast.com/blog/

Elliott Wave Theory: Is Elliott’s Theory enough?


・茶トラがFX検証中。相場はテクニカルで動いている - https://fxinvestigation.tokyo/

エリオット波動分析 ユーロドル、ポンド円、ユーロポンド、原油 [2017-10-30 月 16:22]」 から

[補足] 為替におけるエリオット波動
理論的には一方的に上昇する株と異なり 為替は一方向に動き続けるということが稀です。その為波動も3波構成が多く、5波が形成されないケースも良くあります。

それを踏まえると単純に5波を狙うよりもWXYのイメージで3波を狙うほうがより機能する戦略と考えています。


・外国為替道 - http://gaitamedo.com/

エリオット波動・推進波(衝撃波)」 から

延長する波は通常3波が延長をします。これは確率的なもので、1波・5波が延長をすることもありますので、3波が必ずという事ではありません。
この延長の波については、その波の中にまた小さな5波動を付けるというのが通常教科書的にいわれている事なのですが、これまでの経験上では5波動ではなく、3波動になる事もあります。


・TK - https://twitter.com/tarrrrkun

プロフィールから

オリジナル エリナッチ波動理論(エリオット改良版)によるカウントを公開してます




・リンク

FXメモ帳
http://puramuelliottwave.blog.fc2.com/


・twitter 1

https://twitter.com/AidanFX
https://twitter.com/CurrencyWaves
https://twitter.com/Dalietos
https://twitter.com/DEAFElliott
https://twitter.com/elroytrader
https://twitter.com/EWS_Surfer
https://twitter.com/fibonacciqueen
https://twitter.com/forexanalytix
https://twitter.com/FX_uepyon
https://twitter.com/harmonictrader
https://twitter.com/kabumidayo
https://twitter.com/KimbleCharting
https://twitter.com/lunatictrader1
https://twitter.com/MarkNewtonCMT
https://twitter.com/momohax1
https://twitter.com/Nouf_wpt
https://twitter.com/OntheMoneyUK
https://twitter.com/seeitmarket
https://twitter.com/trader6sixty6
https://twitter.com/TradingEcology
https://twitter.com/Trading_Jazz
https://twitter.com/w3196


・twitter 2

https://twitter.com/ChrisWeston_IG
https://twitter.com/gregorymckenna
https://twitter.com/Scutty

https://twitter.com/BrettEHouse
https://twitter.com/francesdonald
https://twitter.com/LJKawa

https://twitter.com/Ole_S_Hansen
https://twitter.com/simonting

・twitter 3

https://twitter.com/DayTrader_bot
https://twitter.com/DTradingCoach_b
https://twitter.com/edgewonk
https://twitter.com/steenbab
https://twitter.com/zone_bot